FX チャート 過去

FXチャートの過去データ

  スポンサード リンク

FXをする上において、チャート過去データを見る事は、FXで勝率を上げるためには、大切な作業と言えます。

 

巷で販売されているFXの自動売買ツールは金額の高い安いは関係なく、売買の判断根拠のひとつとして過去データを参照しています。

 

ですから、現在の為替の値動きや政治情勢なども大きな判断材料とはなるのですが、デイトレードには欠かせない要素だとしても、それは刹那的な判断と言え、過去データは重大な売買要素となり得えます。

 

 

例えば、ローソク足の動きで上昇トレンドが続いたりもみ合いになった後、反転する場合が多いなどという事は過去のデータでしかわかりませんし、FXチャートの過去の動きを参照しないと株式や外貨預金とは違った為替の独特の動きが全く把握できません。ショートはともかくロングではなおさらなので、過去データを参照しないという事は自滅行為だと言えましょう。

 

 

過去のFXチャートのデータを提供しているソフト

 

過去FXチャートのデータを提供しているソフトもあります。
無料ソフトでMT4と呼ばれるものですが、これは過去10年間のデータ抽出が可能です。

 

けれども、このソフトはFX業者のシステムによっては通信切れや不安定な動きをする場合があります。

 

FX チャート 過去

最近ではMT4を標準で取り入れているFX業者もありますので、そういうFX業者は自社用にMT4をカスタマイズされているので安定性に問題はありません。

 

過去のFXのチャートを重要視するのであれば、そういうFX業者をさがして口座開設すると良いでしょう。

 

まず、資料請求をする事が成功への近道です。

FXとチャートの過去データについての情報でした。


スポンサード リンク