FX チャート シグナル

FXチャートシグナルの見方、見分け方

  スポンサード リンク

FXチャートシグナルで覚えていると便利なものを紹介していきたいと思います。

 

FXチャートの見方、見分け方ですが、シグナルには買いと売りの2つのシグナルがあります。どちらもローソク足で判断をつけます。

 

 

まず買いシグナルですが上昇の勢いが強く「ヒゲ」がない状態が好ましいです。

 

また、下降トレンドの後、「ヒゲ」が下の伸びた場合は相場反転のシグナルです。

 

そして売りシグナルですが下落の勢いが強く「ヒゲ」がない状態です。

 

また、上昇トレンドの後に長い「ヒゲ」が出た場合は相場反転のサインです。

 

 

FXチャートシグナルの具体例

 

トレンドの中でチャートを見分ける場合も多発しますので、覚えておいて損はありません。

 

買いのチャートシグナルの例
  • 安定やもみ合い後の買いシグナルとしては買いのパワーが強く上昇が始まる傾向にあります。
  • 下降トレンドが続いた後は相場反転を示す場合が多い。(買いはロングの場合)

 

売りのチャートシグナルの例
  • 上昇トレンドが続いた後、相場の反転を示す場合が多い。(売りがショートの場合)
  • 高値圏やもみ合い後、売りのパワーが強く下降が始まる場合があります。

 

上記はあくまで一例であり、判断材料は多岐に渡りますので判断は自己責任でお願いします。

 

FX チャート シグナル

ローソク足にはいくつものパターンが存在し、注意深くチャートを見るようにしましょう。
そうすると必ずシグナルを見つけ出す事ができるでしょう。

 

この「 ローソク 」とは、ある一定の時間を区切った時の「 始値 」「 高値 」「 安値 」「 終値 」 という 四本値 を、形で表したものなのです。

 

この1本のローソクの形が、一定の時間の中で「どういう値動きをしたのか」を表しています。

 

その期間が、1日なら 「 日足 」、1週間なら 「 週足 」、1ヵ月なら 「 月足 」 と呼ばれ、さらに1年の四本値で構成される 「 年足 」、分単位の四本値で構成される 「 分足 」 と呼ばれているローソク足もありますので、この際覚えておきましょう。

FXチャートシグナルの見分け方についての情報でした。


スポンサード リンク