FX 確定申告 パート

自分がFXを確定申告する時にパート勤めだったケース

  スポンサード リンク

FXの取引は、仕組みさえ理解すれば、どなたでも行えるというのが大きな強みであり魅力となっています。ただ、FXでの確定申告パートの方でも必要になるケースもありますので注意しましょう。

 

 

まずはFXの取引で確定申告が必要な場合というのは、年間の利益が20万円を超えた時です。

 

この場合では、正社員、パート、アルバイトなど雇用形態は一切関係無く、申告を行う必要性が出て来ます。

 

ただこれを下回る金額の場合や、投資額と利益額を差し引いた額がマイナスになる際などには申告する事はありません。

 

しかしケースによっては、こうした控除を受ける時にも確定申告が必要なことがありますので、不明な時はきちんと税務署に確認した方が良いでしょう。

 

 

税金がかからずに済むパートの数字の壁

 

またパートの場合は年収が103万円以下の際には所得税も発生しません。

FX 確定申告 パート

 

旦那さんの扶養に入ってパートをしているという主婦の方も少なくありませんので、この数字を覚えておくと良いでしょう。
つまりは、この 「103万円」 と 「20万円」 という数字の壁を上手くクリアすれば税金がかからずに済むという訳です。

 

無理矢理この数字を目指すというのは不自然なことですし、全員にお勧めするというやり方ではありませんが、もし自分がこの数字近辺に当てはまるようでしたら、調整して目指しても良いかも知れません。

 

とにかく、FXの確定申告はパートでも場合によっては必要だと理解しておきましょう。

FXの確定申告 〜 パート偏 〜についての情報でした。


スポンサード リンク