FX 確定申告 サラリーマン

FXをして確定申告の際にサラリーマンだった場合

  スポンサード リンク

会社勤めのサラリーマンの場合は、会社で年末調整というものを毎年行ってくれていますので、基本的には給与以外の所得が特にない場合は確定申告を行う必要がありません。

 

ただし、このお給料以外の雑所得が20万円を超える場合には確定申告を行う必要が出てきます。

 

 

FXで獲得した利益もこの雑所得に含まれていますので、利益が20万円をオーバーしたら確定申告しなければなりません。

 

けれども、FXで単純に20万円以上の利益を得たから確定申告が必要かと言うとそういう訳ではなくて、手数料などを除いた純利益が20万円オーバーした場合という意味になります。

 

一例として、取引によって25万円の利益が出ても、諸経費が6万円かかっていれば純利益は19万円ということになって申告の義務は発生しないわけです。

 

したがって、自分が取引に関することでどのくらいの経費を使ったのかというのを細かく帳簿付けしておくのがベストです。後からまとめてやろうと思っても大概は分からなくなってしまうものです、やはりその時に付けておくというのが一番確実です。

 

FX 確定申告 サラリーマン

 

収入の金額には関係ない住民税

 

また、給与以外での収入があった場合、収入の金額に関係無く住民税を支払わなければいけません。
純利益が20万円以下の場合でもきちんと払いましょう。

 

以上のことを注意して、FX確定申告サラリーマンの方もきちんと行ってみて下さい。

FXの確定申告 〜 サラリーマン偏 〜についての情報でした。


スポンサード リンク