FX 確定申告 しない

万が一、FXを行っても確定申告をしないとどうなるか

  スポンサード リンク

FX確定申告しないで良いケースというのが例外的にあります。

 

まず、そのうちの一つは、取引におけるFXの利益が20万円を超えなければ、確定申告する必要はないことです。

 

 

しかし気をつけなければいけないのは、ただシンプルに20万円以内ということではなくて、純粋な利益が20万円を超えなければ大丈夫だということです。

 

仮にFXの取引で21万円稼いでも、経費や手数料で3万円かかったとすると、純粋な利益は18万円という風に計算されて申告の対象にはなりません。
この辺りの数字の計算は人任せにせずにきちんと自分で行うようにしましょう。

 

FXの取引というのは、ある程度は読めたとしても全て計画通り進むとは限りません。
確定申告しなくて済むように抑えたいという気持ちもあるかも知れませんが、あまりそればかりにとらわれるとFXの醍醐味を損なってしまうことも考えられます。

 

 

FXの利益が上がっているのに確定申告をしないと !?

 

FX 確定申告 しない

また一方で、FXで利益を上げているのにもかかわらず、お金をケチって確定申告しないと、自分が大きなダメージを受けることになってしまいます。

 

今ではFXで取引する人の数も増えましたが、人の数が増えてもきちんと当局はその取引内容を把握しています。

 

ですから、ごまかすということはまず不可能ですし、確定申告が必要なケースなのにそれを怠ったりすると多額の追徴課税が発生したり、場合によっては脱税で摘発されるケースもありますので、気をつけるようにしましょう。

FXの確定申告をしないとどうなるの !?についての情報でした。


スポンサード リンク