FX ロスカット

FXのロスカットというシステムは

  スポンサード リンク

FXを始めようとしても、何かと沢山の専門用語が出てくるために、途中で訳がわからなくなるという方は沢山いらっしゃることでしょう。

 

特に、こういった資産運用や外貨為替というものの知識がまったくない方にとっては、本当に困ってしまいますが、そんなFX取引の中でも、「ロスカット」というキーワードは覚えておきましょう。

 

 

FXというものは、他の資産運用方法である普通預金や定期預金、仕組み預金、外貨預金、公共債などのような元本保証の対象商品ではありません。

 

つまり、利益を大きく獲得することが出来る反面、大きく損失をするケースも十分に考えられるという資産運用方法なのです。

 

FXには、「レバレッジ」という手持ちの資金よりも多い金額を動かすことが出来るシステムが存在します。

 

しかし、この「レバレッジ」を高く設定した場合に、相場に急激な変動が起きてしまったりすると大変大きな損失を受けてしまう可能性があるのです。
この大きな損失を、なるべく最小限に止めようとする仕組みが、FXにおける「ロスカット」というルールなのです。

 

FX ロスカット

 

損失の拡大を回避するためのロスカット

 

ロスカットとは、FXの取引において、大きな損失を被った時、証拠金が全額なくなってしまうばかりか不足金が発生してしまうようなリスクを避けるためにあり、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことを言います。

 

どのFX業者も自動ロスカットの希望を大抵は備えており、証拠金の20パーセントから30パーセントを越える損失が決定した場合、ポジションの一部、もしくは全てを決済してしまうというようなシステムになっています。

FXとは 〜 ロスカット 〜についての情報でした。


スポンサード リンク